検索
  • ブイラボミュージカル

四苦八苦を超えてゆけ!【第3回「30年前のゴールデンウィーク」】 2020/05/09(土)

あらぽんさん

30年前といえばバブル真っ盛り。当時、広告代理店に勤めていたので、GWなどない状態で、仕事仕事仕事。休日も出社して、死ぬほどアイディア考えた後、夜中に赤坂の夜中までやってるカジノバーで仲間と飲んでタクシー帰り。若かった。

鼓さん

24時間戦えますか?の時代。カジュアルにブラック。パワハラや鬱の訴えは五月病のひと言で括られていた。暦通りの飛び石GWも草臥れ果てて引き籠り。ワタシよく頑張った。今は恵まれてる…なんてね、うっかり言えない世の中だけど。

亀井さん

30年前のカレンダー。ありゃ、5月の連休が真っ白。なして?あの頃は…おぅ、そうじゃった!スマイルなんちゃらでテレビみたいなもんに話しかけてた覚えがある…何でかの?あ、コロナ‼あげなもんを怖がる時代じゃったのう。今はもう…

いずいず

暴れる鮪を抱く男の子と♪伊東に行くならハトヤ♪のCMにつられ長男四歳の誕生祝いでハトヤに泊まりました。①アトピー治療の為に洗面台で息子に漢方水薬を塗った事②パンダのぬいぐるみのプレゼント③美景の温水プールが心に蘇ります。

はっちゃん

人生で一番辛いGWだった筈なのに記憶がない。三月半ばに双児を出産。その前後二ヶ月間、3歳前の長男は告知無しに一人父の実家へ。「魔法使いサリー」のよしこちゃんの弟顔になった息子との信頼関係修復に、30年前のGWは必死だった





ゆりえってぃ

30年前…私は16才!花の女子高生⁉GWって学校休みだったっけ?それすら覚えてない…おそらく…家でずっとゲームしたり、漫画読んだりしてた(笑)ゲームはファミコン?いいえ!家ではまだ現役だったカセットビジョン!知ってる方います?

○るいちゃん

良く考えたら、三十年前は私の呪怨ならぬジューンブライドの年。その一ヶ月前のGWはおそらく人並みに美顔やエステ通いしてたのかな。幸せに満ち溢れた日々だったはず。きみまろ風に「あれから三十年…今や辛抱と諦めの日々」とは…笑





○ようちゃん

30年前私は何してたんだろう。87年に仕事をやめニュージーランドにワーキングホリディに行って、帰ってからしばらく先輩の病院でバイトした後、派遣添乗員になったが、ナースにしろツアコンにしろGWは働いていた事に間違いはない





○直子さん

1990年のゴールデンウィーク、私は新米のスポーツ記者だった。具体的なことは何一つ思い出せないが、多分せっせと球場に通っていたはずだ。休みは1日もなかったが、それを不満にも思わなかった、あの頃の自分をほめてやりたい笑。

○玲ちゃん

「明治記念館で結婚式を挙げる」という子供の頃からの夢に向けて翌年6月の予約が取れてルンルンの私。そして私の我ままを一つ叶える事が出来て一安心の夫と富士山へドライブした事を思い出し、トドの様な寝姿にさえ感謝の想いが溢れる


滝井サトル

高3の初夏、席替えで好きな女の子の真後ろに。白いシャツから透けて見えるブラのホックばかりを見つめ、妄想が暴走…教師の声は遠く彼方に…。あれが僕の「性春」の始まりでした。その後一念発起して告白!見事に…その先は…ムフフ…♡


◯109文字の編集後記(滝井)

バブル香る文章が勢揃い!皆様の人生劇場の一端を垣間見ることができました。中島みゆきの言葉を借りるならば、歴史とは無数の人生の糸で織り成された布。スマイルも大きな布に仕立て上げていきたいと思っております!どうぞよしなに。

47回の閲覧1件のコメント